不動産業者に相談してみよう

住宅ローンを払っている人のほとんどが住宅メーカーに頼んで家を建てていますが、宮城でも同じくです。

しかし、個人によって色々な事情が重なりどうしても住宅ローンが払えなくなるケースがたくさんあります。

宮城では特にこのようなケースが多く、震災後かなり復興したといってもなかなか任意売却が減らないのが現状です。

競売等強制的に自分の家を手放したりすることが無い用に支払いが厳しいと思ったら色々な所に相談してみましょう。

例えば、住宅を購入する際に不動産業者で土地を紹介してもらった方も多いでしょう。

そんな方は不動産業者にどのような方法があるのか聞いてみるのもよいです。

不動産業者では中古物件住宅等も取扱っており、その中には同じ様に任意売却で家を売ってしまった人の物件もあるのです。

不動産業者では銀行と連携して任意売却の際の手続き等も教えてくれます。

競売になったらどうなってしまうか、不動産査定や住宅売却の相談も聞いてくれるのであとあと楽です。

手遅れにならないよう、知人の方で不動産業者がいたら相談してみるのもよいでしょう。

最終的には銀行などと合意ができてないと任意での売却ができないので解決方法をいくつか考えてから行動に移した方が良い場合もあります。

一番いけないのは誰にも相談せず差し押さえなど取返しがつかない状態になってから慌てる事です。

期限などがあるのでどうしようもない状態にならないうちに改善方法を考えましょう。

関連リンク⇒[http://www.bengo4.com/fudosan/11/1240/b_227735/